24歳の気まま日記


by rarierurero
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2005年 07月 18日 ( 1 )

相田みつを美術館

最近人生が上手くいってないんじゃなかろうか、とふと気づいてしまったので、東京国際フォーラムで開かれている相田みつを美術館にフラッと訪れてみました♪

相田みつを美術館は前々から行ってみたかったけど、かなり良かったぁ☆(^ー^*)筆で書かれている文字は味が出ていて(私でも書けそうな気は多少するけど)、その飾らない文字がまた等身大の詩の内容とぴったりだった。詩には、案外日常生活でみんながぶち当たるようなことばかりが書かれており、それだけにとっても共感できた。また、本人自身も弱いけれども、力強い視点から出てくる言葉には生きる活力までもらえる気がする。

「七転八倒  
  つまづいたり
  ころんだりするほうが
  自然なんだな 人間だもの」

「道
  長い人生にはなあ  
  どんなに避けようとしてもどうしても通らなければならぬ道
  てものがあるんだな
  そんなときは  その道を黙って歩くことだな
  愚痴や弱音を吐かないでな 黙って歩くんだよ (略)
  そしてなあ    その時なんだよ
  人間としての   いのちの根がふかくなるのは 。。。。」

「人間についてのそんな事、いったい誰が決めたの?」ってふと思ったりもするけど、人生の苦汁を上手く言い表していて、結構落ち込んでる時はググッとこみ上げてくる。

相田みつをの詩が書かれてあるポストカードを何枚か買って帰宅。友達が落ち込んでたら、スッとこのポストカードを差し出そう(決意)
[PR]
by rarierurero | 2005-07-18 00:22 |