24歳の気まま日記


by rarierurero
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アロマバスでゆった~り

最近部屋で眠っていたアロマポットを出すなどして、アロマテラピーを復活させました。アロマテラピーの本を買ったので、少しずつ勉強していきたいな♪

本に精油の活用方法がたくさん載っていたので少しびっくりしました。スキンケアやマッサージ以外にも、湿布(水に精油を2滴入れてから布を浸して軽く絞って使う)や、うがい、マウスウォッシュ、飲み物(必ず有機栽培の精油を使う)、爪のケア(ラベンダーは爪を強くする効果があるらしい)などに使ったりするらしい。

色々活用法がある中でもアロマバスに挑戦しました。
精油をそのままお風呂に入れても良いようですが、精油は水に溶けにくいということなので(油だから当たり前か)、大さじ1杯の蜂蜜に精油(ラベンダー)を6~8滴たらしてからお風呂に入れてみました。ラベンダーの香りが漂い、お風呂場がちょっとしたスパのようになって、何となく贅沢な特別な感覚がします。お風呂に雑誌を持ち込み、ゆったり読みふけっているうちに段々鼻が匂いに慣れてきてしまったので、もうこれ以上の効果はあるまいと思い、上がりました。ラベンダーは、気持ちを落ち着かせる精油の代表ということでしたが、実際に気持ちはかなり穏やか、ゆったりした気分になりました。今度は別の精油でやってみよう。

ラベンダーの効果
皮膚を再生させ、乾燥肌と皮脂の多い皮膚のバランスを整える。睡眠を助け、緊張性の頭痛を抑え、神経を落ち着かせて抑うつの気持ちを高める。また、怒りを取り去り、恐怖や悲しみを抑えてくれる。
その他にも鎮痛作用、殺菌作用、消毒作用、鎮静作用、心臓の強壮、血圧降下作用など
[PR]
# by rarierurero | 2005-05-30 12:47 | 日記

キリンカップ対UAE戦

対UAE戦のサッカーを観戦しに行ってきました(^^)
日本代表頑張れ♪
d0000521_1415395.jpg

日本は惜しい攻撃を何度も繰り返していましたが、結局1対0で負けてしまいました。。。残念
d0000521_1416619.jpg

席はゴール前、前から2番目の列でかなり良い席でした。コーナーキックやゴール前での競り合いなどが間近に見れて大満足!!

中でも小野伸二選手(誕生日が私と一緒!)を間近で見れて大感激。試合中も粋なフェイントシュートを繰り出すなどしていて、やっぱりさすが。
双眼鏡を持っていかなかったのがかなり残念。。。
今度はぜひ、試合中のあなたの笑顔を生で拝見したい(かなりやばい人?!)
d0000521_14244087.jpg

[PR]
# by rarierurero | 2005-05-28 14:29 | 日記

南国気分

「楽園の海」、行きたいなぁ(日焼けしたくないけど)

ゆっくりゆっくり暮れていく一日を
場所によって違う青色を見せる広ぉい海を見ながら
風に合わせて聞こえる波の音に耳をすませながら

d0000521_323837.jpg


d0000521_3255376.jpg


贅沢に時間を使いたい

d0000521_3273310.jpg

[PR]
# by rarierurero | 2005-05-26 03:32 | 旅行
南国バカンス気分を味わいに、恵比寿ガーデンプレイスの隣り位にある、ハワイアンレストランに行ってきました。名前は"Moana Lani(モアナ・ラニ)"。Moana はハワイ語で「海」とか「大きい湖」という意味だそうです。Laniは「天国のような」という意味なので、Moana Laniは「楽園の海」ってことかしら?!響きがいいなぁ~、、、ぜひ楽園の海に行ってみたい(切望)。

d0000521_036187.jpg
窓からの見晴らしは良く、東京タワーや六本木ヒルズのビル群なども見えました。5Fがこのカフェレストランで6Fはバーになっているらしい。室内はもちろんハワイアンミュージックがかかっていて、ご飯もわりと南国風でした。



帰りに、「モアナ・ラニ」と同じ通り沿いにあるケーキ屋さん(3F建て)みたいな所に入ったら、ゆうこりん(小倉優子)がそこでご飯を食べてるのを発見。女の人とマネージャーさんらしき男性と一緒でした。お肌がプルンプルンで清純そうなゆうこりんをチラチラ見ながら、ケーキ2つとチャイを完食して帰りました。
[PR]
# by rarierurero | 2005-05-25 00:54 | グルメ

ベネチア旅行

先月ベネチアを旅行しました。

別名「水の都」の通り、街を沢山の運河が流れており、かなりロマンティックでした。
d0000521_23273912.jpg

町の中の移動手段はvaporettoと呼ばれる水上バス(船)で、チケットを買って乗り込みます。誰もチケットを確認しないところが、治安がいいと誇るだけある。
d0000521_23331639.jpg

ちなみに徒歩でも何とか移動できますが、道がありえないくらい入り組んでて、まるで迷路。突然行き止まりになったり道が5又に分かれていたりと、駅から約5分の場所にあるホテルにたどり着くにも、迷いに迷って1時間もかかりました。その時フランス人の老夫婦に助けていただいたのですが、2人も相当迷ったということで、かなり親身になって案内してくれました(小さな出会い)。ベネチアは118の島と約150の運河、400もの橋からなっているらしい。通りで道が、、、

夜は町全体が真っ暗になり、年期の入った建物の間を風に吹かれながらvaporettoで進んでると、怖いというよりも心が落ち着く感じがします。船の先頭にいた仲むつまじいカップルを羨ましく横目で見ながら、女友達と2人でベネチアの町にひたりまくりました。

ベネチアと言えば、サン・マルコ大聖堂が有名ということです。
d0000521_23592654.jpg

画像が汚いけども実物は圧巻です。大聖堂の建設は828年頃にはじまり、1060年頃に今の建物になったそうです。11世紀に建てられた時はビザンティン建築だったのが、改築でゴシック、ロマネスク、ルネサンスの様々な建築様式が入り交じり、現在の姿になったということです。まるで今の私。

サン・マルコ寺院を引き立てていたのは、サン・マルコ広場でした。広いスペースに沢山の人が集まっており、レストランやお店などが集結していてかなり活気がありました。さすが文化、政治、宗教の中心。

ベネチアといえばベネチアングラス。日本でも有名なそのガラスを作っているムラーノ島というところにも行ってきました。グラスの製法や技術などを盗まれないようにと、工場などを丸々島に移したので、ベネチアングラスの島になったということです。マルコ広場から片道40分位で行ってこれて、実際にグラスを作るとこも見学できます。けど、お店にはいかにも胡散臭いおじさんばかりいて、グラスを買わせようとしてるのが見え見え。値段を聞けばありえない驚きの高プライス。どのお店に行っても始めに必ず出身国を聞かれるのも胡散臭い。。。

ベネチアのその他の名物は船頭さんがカンツォーネを歌いながら運河を進むゴンドラですが、特に乗りたくなかったので乗りませんでした。

d0000521_04041.jpg


ベネチアは建物が本当に古い。その古い町並みと、微妙にカビの匂いがする運河が逆に魅力的なのかもな。ホテルも勿論ありえない古さと狭さで、泊まったホテルはたまにお湯が出なくなったけど、ホテルさえ選べばカップルで行くと素敵かも。
[PR]
# by rarierurero | 2005-05-24 00:47 | 旅行

江戸狩野派

この間板橋区立美術館に寄ったら江戸狩野(かのう)派展を開いてたので、日本画でも少し学んでみようかと、チラッと寄ってみました。
ちなみに「江戸狩野派ってなに?」は、平成17年4月23日から7月3日まで開いているそうです(休館日は月曜日で観覧料無料)。

館内は本物の屏風を間近に鑑賞できるスペースもあり、心行くまでゆっくりと鑑賞させていただきました。
屏風の中でも一番のお気に入りは「四季の草花と鳥(旧:四季花鳥図屏風)」で、特に冬の絵が心温まる感じで好き。

d0000521_2232191.jpg

狩野探雪(1655~1714年)が描いた絵だそうです。探雪は狩野探幽(狩野派でかなり有名な人らしい)の後妻がもうけた次男で、名前は守定。
それにしても名前が「雪を探す」って何かいいな。

そもそも狩野派って・・・
血縁関係でつながった、狩野家を中心とした絵師の集団で、常に幕府の仕事を行ってきた人たちのことらしい。狩野派の中にも階級があり、奥絵師は将軍に直接お目見えすることができる最高位の家柄。次の階級は表絵師といって、奥絵師を手伝って幕府の仕事にも携わる人たち。さらに町の人たちに絵を教えて生計を立てる町絵師もいたそうです。


西王母(中国で古くから信仰されてきた女性の仙人)
d0000521_233193.jpg

狩野常信(1636~1713年)の作品。西王母は長寿の象徴である桃の花を持って描かれるらしい。何か女っぽくって気になる絵。


d0000521_23162537.jpg

館内はこんな感じで、絵1つひとつに分かりやすい解説つきでした。
[PR]
# by rarierurero | 2005-05-20 23:21 | my趣味

東京大仏

2年前鎌倉の大仏をフラッと見に行ってからというもの、
その雄大さに魅了されて、うっかり大仏が理想の人になってしまいました。

今週は念願の東京大仏を拝みに西高島平まで行ってきました。
西高島平は都営三田線の終点(始点)で、
そこから大仏がいらっしゃる、乗蓮寺まではさらに歩いて20分。
しかもお寺は午後4時に早々に閉まってしまうということなので、
早めに家を出発しないと、なかなかお目にかかるチャンスはありません。

木々に囲まれるようにして大仏様はいらっしゃいました。

d0000521_20495148.jpg


鎌倉の大仏は青でしたが、
今回は黒く光った大仏様で、うっすら目を開けていらっしゃいました。

青空の中にでんっと構えて座っているその動じないお姿や大きさに、
身も心も包まれる気持ちになります。
来世かいつか、ぜひ、その大きくて太い手にチョコンと座らせてください。

大仏様の肩には、鳥がガッツリ糞を落としていて、
大仏様と糞の黒と白のコントラストも少し気にしながら、
しばらくその雄大な姿をボーっと眺め、
たまたま通りがかったおじさんに頼んで大仏様と記念撮影をして帰りました。

何でもこの大仏様、
鎌倉と奈良に引き続き日本三大仏のうちの1つということで、
新東京百景にも選ばれたほどらしい。
通りでご立派なわけね。
平和の願いを込めて昭和52年に建立され、
高さ13メートルの青銅製で重さが22トンあるそうです。

ちなみに与謝野晶子も鎌倉の大仏様を見て、
「鎌倉や 御仏なれど 
釈迦牟尼は 美男におはす 夏木立かな」
と詠みました。気が合いそうです。

帰りがけに板橋区立美術館に寄って、
たまたまそこで展示されていた江戸狩野派の絵画などを見て帰りました。
[PR]
# by rarierurero | 2005-05-20 20:48 | my趣味

お芝居見にとことことこ

今日はママに連れられて「午後の遺言状」を見に行ってきた♪
年配向けのお芝居だったけど、わりと面白かったよ。

「生きてたら辛いこともあるけども、生き抜かなきゃならない」
という言葉がテーマだと思うんだけど、
少し元気にさせてくれるお芝居でした。
幸せだったかどうかを決めるのは結局最後自分だから、
私も自分なりに自己満足的に頑張って生き抜いて、
最後に「もうこれまで」って言ってさっぱり死んでいけたらな。
気付いたんだけど、普通にしてたらまだ60年位余年があるんだよね。わぉ
何して生きればいいのかしら。60年かぁ、暇だなぁ。。。。

「仕事はし続けなきゃならないし、年老いても仕事をしたいと思わなきゃいけない」
って言葉があったので、
ぜひ洗脳させてもらいたかったんだけど、
やっぱり今のフリー生活からしばらくは抜け出せなさそう。。。

そういえばバカの壁の著者である養老孟司さんがとある講演会で、
「仕事が好きでなくって当たり前。
趣味を仕事にしようと思うから無理が出てくる」
とかそんな風に言ってたのをふと思い出した。
うーん、それやっぱり気休め?

劇の不思議に関して言えば、
途中でお話にあんまり関係ない、お祭りみたいなシーンがあって、
男は「まわし」というか「ふんどし」みたいなのつけて、
女の人は「はっぴ」みたいなの着てみんなで踊るシーンがあったんだけど、
謎にすっごく違和感を感じました。
男の人はみんな筋肉がなくって、ガリガリの体でまわし着て踊ってて。。。
女の人も「はっぴ」着てたわりにはすっごく控えめに踊ってて。。。
みんな拍手してたけど、何に拍手してたのかしら。
もしや、太鼓?!

太鼓といえば、
先月神社に厄除け(厄年じゃないけど)してもらいにいったの。
太鼓とお経の音がとっても心地よくってそのまま極楽浄土にいってしまうかと思ったわ。
ドンドンドンって地響きするくらいの鳴り響く太鼓の音と、
お経の合唱がとってもかっこよかった。
そういえば、お経のCDって確か売ってたよね。
買おっ♪
[PR]
# by rarierurero | 2005-05-19 19:03 | my趣味

うふふな一日

☆料理教室初挑戦☆
今日は昼から料理教室に行って、
グラタンとトマトスパゲッティを作ってきました。

3人1組で、頼もしいメンバーが手際良く助けてくださり、
とってもとっても美味しかったのー、大成功♪
ありがと、ありがと

料理の先生もとってもかわいくって、
最後に「これからも頑張ってね」と
激励のお言葉+美しい微笑みをいただいちゃいました★
いやん、素敵

★HMV★
帰りがけにHMVに寄ってずっと欲しかったCDを捜索。
時々SMAP×SMAPのホストのコーナーで
ヒカル(キムタク)とユウガ(ごろう)がパラパラを踊ってるダンスミュージック。
今日もスマスマでやってた。きゃっきゃっ

店員さんに結局聞いて探し出しました。
題名は「恋のマイアヒ」と判明。
これは日本語タイトルで、正確には、
Dragostea Din Tei アーティストはO-zone。
マイア-ヒ♪マイア-ホ♪・・ヌマヌマヌマレイ♪

帰って早速聞いてみたらびっくり悲しい、
リミックス・バージョンで
トランスの機会音にメロディーがほとんどかき消されてた(;;)
よくあるよね、こういう悲しい経験。
買いなおそうかな・・・そこまで欲しいのかな、私。
うん。欲しい。買いなおす、かも。

☆Kingdom of Heaven見た!☆
その後映画館にgo♪
Orlando Bloom 素敵すぎすぎすき好き~

あるワンシーンのこのセリフ↓
"Why must you be in hell, when you are in my heart"
という大雑把に言うと「君は私の心の中にいるよ」
というお言葉に悩殺されました。

いかにもかっこいいぶってるお言葉にとっても弱い私。。。。
プロポーズはぜひ、ひざまずいて、、、でも藤井隆は嫌よ。

内容は今いち現実感のない感じだったので、
あんまり入り込めなかったけど、
内容はちゃんと濃かった気がする。

濃い内容を凝縮して短く表現したので
少々現実感のない感じに仕上がった感じ・・・かしら?!

それにしても何であんなかっこいいの。。。。
汚くよごれたあなたも、とっても素・敵☆
神様ベッカムの次はぜひOrlandoに会わせてくださいアーメン。

ヒロイン役の女の人は
ずっとナタリー・ポートマンだと思ってたほど似てて、
とっても美しかったし。(そばかすも素敵)


今日は充実した一日でしたぁ~
[PR]
# by rarierurero | 2005-05-16 23:41 | 日記

女子会

今週末は女の子5,6人で集まり、
とあるホテルのスイートルームでお泊りパーティーを開いた。
  ☆★☆★☆★☆★☆

ワイン、シャンパン、焼酎、カクテルなどのアルコールをそろえ、
その他食べ物やお菓子類を調達してチェックイン。

ひたすら飲んでしゃべった後、
夜の町にタクシーで繰り出し、
クラブに潜入。

そのクラブで友達の友達が
デビュー前イベントを開くということだったので、
その応援に行くという名目。

クラブ最上階である4階はまったり飲むだけの場所。
そこからは3階のダンスフロア(?)が見渡せるが、
年齢層が若干と言わずかなり高め。
2~4年前に流行り終わった音楽
(サンバ・リオデジャネイロ(だっけ?)など)
に合わせて熱く踊りまくるスーツ姿のおじさん達がかなり見受けられた。
階が減るにつれて年齢層が低くなり、
1階はダンサー達など尖った若者だらけだった。

イベントはその1階で行われた。
盛り上がり具合でデビューを控えた彼女の扱いが
大きく左右されるということだったので、
25になろうというおばさん達が前列を仕切って、
盛り上げ役を買って出た。

・・・けどいざイベントが始まると、
ゆらゆら動くだけ、
手拍子をたたくだけ、
圧倒されて呆然とただ立ちつくす子とかもいて、
後ろの若者集団の方が全然のりのりだった。

明らかに周りから浮いている最前列の仲間達を見ながら、
これはやばい、盛り下げてる!デビューが危うくなってしまう、かわいそう!
と妙な老婆心が沸いてきてしまった。

私が張り切らなければと、
一度も踊ったことがないけど、
激しく手を叩きながら膝を使って大きく体を左右に動かし、
周りを手本にかなり頑張って踊って(?)いると、
何を勘違いしたのか、デビューする彼女が、
いきなり歌いながら私に絡み出してきた(涙)。

そこからイベントが終わるまでの記憶は全くないのだけど、
帰りのタクシーで「何か痛い」と思って手の平を見たら、
人差し指の根元を打撲していて、青く腫れていた。。。。
手、、、叩きすぎ、、、?(しんみり)

そのイベントの模様がビデオに撮られていたらしい
ということは、完全に忘却するとして、
それからホテルに帰って、また飲み直し、
恋愛やら仕事の話をたっぷりした後、
(大人になったせいか、学生時代の時みたいな赤裸々な話は
さすがにもうほどんど出なかった)
朝の6時頃就寝。

☆かなりハードな1日だったけど、
とってもとっても楽しかったと思うわ☆
[PR]
# by rarierurero | 2005-05-15 22:49 | 日記