24歳の気まま日記


by rarierurero
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
4月下旬に、
卒業(退職)おめでとう旅行として
お友達とベネチアとパリに行ってきました。

パリは最高だった!!!!!!
素敵すぎて鼻血が出る。

町も最高だけど、ベッカムも最高。。。。。。。。
お友達と2人でパリのカフェでお茶中、
ベッカム夫妻が前を通ったのを友達が発見。
慌ててお会計をして追いかけたら、
ベッカムはパリの警官と記念撮影中。
(ちなみにvodafoneらしき携帯電話でビクトリアが写メールしてた)

d0000521_0522065.jpg


隙を見て生ベッカムに写真を撮らせてくれと
興奮してお願いしたらあっさりOK.
キメ顔とポーズまでしてくれて(ドキューん!!)、
手を震わせながら、持ってた使い捨てカメラでジコジコカチリ。

大満足しながらお宝を抱えて帰りかけたけど、
「人生で2度とないチャンス、逃してなるか」と
日本だったらありえないど根性と捨て身の覚悟で、
今度は一緒に撮らせてくれと言ったら、
またまた”Ya"とあの高めの声であっさりOK。
ボディーガードに頼んでベッカム夫妻と
友達の4人で撮ってもらえました。。。。
感動。

後々知ったんだけど、
パリ旅行はビクトリア婦人の誕生日プレゼントだったらしい。
夕方夫妻で外食してたところ、
高級車がレストランの目の前に止まり、
車に乗り込んで向かった先は、
Vの字が書かれたプライベートジェット機。
そのへりの中は薔薇で埋め尽くされ、
シャンパンで祝ったということでした。
パリに着いたら着いたで
ホテルはリッツのシャネルスイート。
。。。。。何て素敵。。。。。。。
ロマンティックでいいなぁ

ちなみにその日ビクトリアが着てた洋服は、
透け透けの黒っぽいヘンリーシャツに
(ベイジュのTシャツブラらしきものが丸見えだった)、
膝丈の茶色のフレアスカート。
靴は編み上げのサンダルで、
筋肉がほどよくついた素敵な生足を惜しげもなく露出させてました。
写真をよくよく見たらスカートも足が透けてて、
かなりよだれもの(><)!!!
ゼブラ柄の(サマンサのバッグらしき)バッグをその洋服に合わせてて、
アクセントにしてました。
腕にはジャラジャラといわゆる陶器みたいな感じの「腕輪」
(なんていうの?)をつけてて、
爪はフレンチネイル。
髪は金色っぽいメッシュの入った茶色(謎にボサボサっぽかったけど)。
全体的に派手じゃなくって気品があり、
さりげないおしゃれ感があってかなり素敵ん♪

ちなみにベッカムとビクトリア(ビクトリアも氏はベッカムだけど)は
いつでもお互いの手を離さないようにしてたのが、
かなりうらやましさ増幅(よだれ)。

絵になる素敵なカップルでした。
[PR]
# by rarierurero | 2005-05-13 01:13 | 旅行

自由ライフを。。。

退職して1か月とちょっと経ちました。

退職する前は、
これもやりたいあれもやりたいのに時間と体力がない!!
・・・って思ってたのに、
いざ自由時間ずくめになると
実際はやってみたいって思ってた
10分の1もできない。。。

~やってみたかった集~
ジョギング(しかも早朝5時とかに)
ガーデニング(お花の名前を全て覚えたい)
料理教室通い、
語学学校通い、
夕方に無意味にお風呂に入りながら読書とか(冷静と情熱の間に影響され)、
雑誌を隅から隅まで読んで切り貼り、
テレビで教養番組を見る、
ネットデザインの勉強をする、
内職(テープ起こしとか翻訳系)、
スポーツジム通い(ヨガ)
アロマテラピーの勉強、
ゴルフ、
ゲームに耽る、
惰眠、
留学(多分無理とは予想済)
買い物
大仏めぐり(鎌倉の大仏が美男でらぶらぶ中)
英語検定を受ける
保育士の免許をとる
旅行

などなど。。。。

実際できたのは、
惰眠と夕方に無意味にお風呂読書に、
雑誌読み、ゴルフ、ゲーム、
買い物に旅行と語学学校。

・・・・意外と満喫してる?!!

・・・でも語学学校は、
入学試験を受けて学費まで払ったのに、
「仕事がいそがしくなった」と嘘をついて、
一回も出席せずに休学してしまいました。。。。。。。。
反省。ちょっぴり。

今度は料理学校に通おうと計画中!
女っぷりをあげようかと思って。。。。。。。。

これからもまだまだ
自由ライフ頑張るぞ!
[PR]
# by rarierurero | 2005-05-13 00:52 | 日記

レストランAltomond

都内青山にあるLaputa Gardenの
Altomondというレストランでお食事しました♪

銀座線の外苑前駅、
もしくは半蔵門線の青山一丁目からすぐの、
UNIMAT青山ビルの9Fにあるので、
わりと立地条件のいい場所です。

9Fにしては東京タワーが見えたりと、わりと眺めが良かったし、
何よりも夜になるとレストランの脇にあるプールがライトアップされ、
少しエッチでとっても素敵な雰囲気がかもし出されます。

プールサイドのBARスペースでゆっくり飲んだ後、
レストランでお食事という手もありかな。

料理はユーロキュイジーヌ。
食べたものは確か女性専用のコースで1万円しませんでした。
色々あったけど、
中でも伊勢海老みたいなのがプリップリで本当に美味しかった!

デザートも青りんごのシャーベット(激すっぱかった)と
バニラアイスにエスプレッソかけるやつと、
2つ次々に出されて美味しかったし、
一緒に行った人が水をEvianでなくて普通の水道水頼んでたことを除けば、
何だか幸せな気分だったなぁ~。
ぜひ、また行きたいな~♪

詳しくはこのホームページをご参照ください☆

http://www.aoyama-laputa.jp/
[PR]
# by rarierurero | 2005-05-02 23:23 | グルメ

生きがい

最近友達がみんな悩んでる。

会社の環境が最悪でやめたがってる子とか、
よく好きでもない男から「愛してるぜ」とつきまとわれ、
うんざり欝になってる子、
一流の会社に入ったけど、毎日終電まで
やりたくない仕事をすることに疑問を感じてる子、
親が自分の彼氏をよく思ってなく付き合うのを反対されてる子、
元彼からプロポーズされて結婚するか悩んでる子、
入社してもうすぐ3年目になるけども、
やっぱり会社のストレスや仕事内容などに悩む子(多数)などなど。

この年頃の女の子はみんな悩むのかもしれない。

今日、親友が欝になってて、
なんでみんな生きてるの?とか、
何が楽しいの?生きてる意味がない、、
とか色々メールしてきた。

私も少し前までは相当悩んでて、
仕事してると自分の時間ほとんどなくなるし、
体力・元気も時間とともになくなって、
仕事と家とを往復するだけの人生になりがちだった。

髪の毛も爪もお化粧もファッションも、
世間の流行も気遣う元気が全くなくって、
ただ疲れ果てたまんま、
年だけ取るみたいな状況。
結構ストレスでイライラしちゃうし、
やりたいこと、好きなこと1%くらいしかできてない。

食欲物欲禁欲性欲とか、
人ってそれぞれ色々な欲望があって、
それを何らかの方法で自分なりに満たしていく。
それが生きがいなのかも。

私もその親友も、
なるべく女の子であることを思いっきり満喫することに
喜びを感じるタイプ。
これからは、たくさん楽しいこととか面白いこととか、
いっぱい一緒にして、
もちろん努力もしつつ、頑張っていくことにした。
[PR]
# by rarierurero | 2005-03-28 02:03 | 日記

OPIのRapidry

O・P・Iのマニキュアで、
Rapidryというトップコートがめちゃくちゃいい!!!
(ソニプラとかで売ってる)

ずいぶん前に発売されたみたいだけど、
今まで気付かなかったのが悔しいくらい。
ネイル人生マジで変わりました。

私のマニキュア人生、、、

気合入れてしっかり重ね塗りしても、

すぐどこかにぶつけて、えぐれちゃったりし、

塗りなおすために、リムーバーでその指1本分だけとるのに、

他の爪のマニキュアが無駄にとれちゃったり、

コットンの繊維が他の生乾きの爪にこびり付いちゃったり。

何とか塗れた!と思って、疲れてそのままぐっすり寝たら

朝起きたときに、布団の跡が爪にくっきり刻まれてたりと。。。。

とにかく悲惨・・・

そ・れ・がぁー
OPIを付けるとなんと、
何度も何度も重ねづけしても、自分でネイルアートした後も、
ものすごく早く乾くからすーっごくいい!!!!!
こんな私でも爪が傷1つないチュルンチュルンの爪。。。。。。
かんどぉ~~~~~(TT)
さよなら、不細工爪人生
こんにちは、爪美人の日々

爪がすぐ乾くマニキュアって、
他のメーカーのものでもいっぱいあるみたいだから、
もっともっと早くに買ってればなぁ。。。。

世界はドンドン進化してってるのに、
私はドンドン後退。。。。してた
これから頑張って進んでくぞ
[PR]
# by rarierurero | 2005-03-26 00:34 | my趣味

メイド喫茶に潜入!

友達とみんなでメイド喫茶に初めて潜入した。
ニュースとかでも特集されてたりと、
何かと話題になっていたので、ずっとどんなとこだろうと気になっていた。

私が入ったお店は、少し安めの喫茶店風のとこで
ウエイトレスがみんなコスプレしてるという以外は
特に変わった感じはしなかった。

メイド喫茶というからには、
みんなメイドの格好かと思いきや、
羽が生えた悪魔風の洋服や、
深いスリットの入ったチャイナ服にガーターベルトなど様々だった。

メイド/ウエイトレスさんのかわいい子率は5人中2人。(あくまで自分の好み)
一見分かりにくかったのだが(童顔のせい?スッピンのせい?)、
中には意外と年をとってる女性も何人かいた。
(みんな十代なわけがないっか)

時間制で料金(席料?)を取られ、
味のわりには高めの飲み物や食べ物もある。

客層は、オタクの中でも、オタクofオタクが来ているのかと思いきや、
女の人だけで来ているグループや、
若い男の集団、会社帰りの30代前後のおじさん達やら、
もちろんマスターオタク達もいたりと、本当に様々だった。
(もしかしたら、軽めのメイド喫茶だったのかも?!)

学園祭の出店風の、この喫茶店は、
明らかに現代社会とは異質な空間なので、
日常から逸脱できるという意味ではいいかも?!
だけど、やっぱり1回行ったらもうそれで十分かなぁ。

明らかに常連の雰囲気をかもし出す男がいた。
彼はその空間から特別な何かを授かっているように、
ずっと笑いをかみころした顔つきで、物静かに1人で座っていた。
たまに通り過ぎるメイドさんのスリットに必ずくぎ付けになる以外に、
メイド喫茶の何がそんなにいいの????

やっぱり、分からぁ~~~~ん!!!!!!!
[PR]
# by rarierurero | 2005-03-23 01:56 | グルメ

生活感出る、毛玉!!!

そういえば、この間彼氏と彼氏の友達とで一緒に夕飯を食べた。

彼氏の友達は、かなり整った顔で、
しかもベビーフェイス。
背も高く、余計な脂肪が一切ついてなく、
清潔感あふれる好青年。

あらまぁ、彼氏も結構まともな人と友達なのね、
と好印象で愉快にしゃべっていたとき、
ふと好青年の真新しいセーターに目をやると、
左の脇腹(胸とお腹の間)の辺りに毛玉がたくさんできていた。

新しそうなセーターで、他の場所は綺麗なのに、
何故かその場所にだけ毛玉がついてて、
それを見た瞬間に何だか知らないけど、
好青年のポジションが一瞬にしてガタ落ち。

今冷静にその瞬間を分析してみると、
毛玉の1つ1つから生活感がにじみ出て、
その人の日々の生活(だらしない面も含めて)が連想できてしまうから、
思いっきり引いちゃったのかな~・・・
「未知で夢いっぱい」から、一気に「日常」に引き戻される感覚?!

洋服についてる毛玉って、
自分が思う以上に思いっきり生活感出るんだなぁ~。。。。
ってしみじみ。気をつけよう。うん。

それにしても、
何で左の脇腹にだけ毛玉があったの?????
本当に謎。。。。。。。。。。。。
[PR]
# by rarierurero | 2005-03-19 02:11 | 日記
マンホールにある小さな、
直径2~3cm?ほどの穴を知っている人は
この世でどれくらいいるんだろうか。

ピンヒールで道を歩いていると、
かなりの高確率でヒールがその穴にはまる。

その確率と言えばかなりすごいものだと我ながらに思う。
例えば、片方の手で控えめなOKサイン
(親指と人差し指の先をくっつける)を作り、
もう片方の手の人差し指を、
その穴に素早く入れようとしても、
周りにあたってうまく入らなかったりする。

それなのに、
すごい速さで地面にあたるピンヒールが、かなりの確率で
直径数センチほどの穴に、綺麗にinするのである(古:just meet)。

これはむしろ特技になるんじゃなかろうか。
(マンホールだけでなく、道のあらゆる穴にもよくはまるし)

でも恥ずかしいのは、
早歩きしてる時にはまるとヒールが穴から抜けず、
代わりに靴が脱げてしまうってこと。

許せないのは、靴が脱げた後、
勢いづいて、そのまま2,3歩
歩いてしまい、裸足でコソコソ引き返して
靴を取りにいかなくてはならなくなる。
これが何とも惨めっ(><)!!!!

たまに靴が中々抜けなくって、
手を使って靴を思いっきりひっぱったりしなきゃならないときがある。
そんな日は本当に最悪。。。。。。。

今日もそんな最悪の日でした(;;)
[PR]
# by rarierurero | 2005-03-19 01:24 | 日記
カンボジアでは、盗みや恐喝などの犯罪を繰り返す若者非行集団に、
髪型を「奇抜なスタイル」にするという奇抜な戦法をとり始めたという。

奇抜なヘアスタイル」ってどれほど?と思えば、
「頭の真ん中と側頭部部分をのぞいて髪を刈り上げ、逆毛にする」
スタイルなどということで、確かに奇抜
(現在、趣味でこのヘアスタイルにしている方、
ごめんなさい。素敵だと思います。)

しかも何と最初の犠牲者3人を
その髪型とともに、地元紙の1面で紹介したということ。

そのお笑い3人組みは、釈放されたということだが、
彼らのその後の行動はおそらく、
家に帰り、
バリカンなどで頭を坊主にし、
身支度をして、
他の町に引越し、
少し間をおいてから、
また悪さをする。
ではないでしょうか。

そう考えると、この戦法はただのイジメ?!!

そういえばこの間、
自転車に乗った男を見かけた。
無精ひげを生やし、ものすごい猫背で、
髪を上と下にくっきり分け、
上半分は全部、きれいに逆毛にしていた。

あの男は、もしかしたら、、、
[PR]
# by rarierurero | 2005-03-16 12:43 | プチニュース
オランダで、「恋人と別れる方法」を伝授するウェブサイトが登場したらしい。

何でも、「子供が欲しい」と言ったり、
彼氏には大きすぎる下着をプレゼントするのが良いみたい。

このような金言のほかにも、
恋人と別れるための手紙モデル文を
ダウンロードできたりと、とっても有益らしい。

開設以来、サイトを訪れたのは約18万人。
オランダ語を読める人は下記にアクセス!

http://www.dumpjeschatje.nl

日本ではオランダと若干感性が違うので、
男人と別れたい場合は
「早く結婚しようよ」って会うたびに言ってみたり
(相手の様子を見て安全性を確かめて使いましょう)、
過去の男との遍歴を具体的に、場合によっては多少着色して話してみたりすると
(相手が硬派君の場合に限る)、
大いに効果が期待できると思われます。

多少効き目が遅い場合、
もしくは即効性のある方法が良い場合は、
王道だけど、正直に言うのも手かも?!

それにしても、こんなサイトが人気だなんて、
オランダって意外と未練がましいタイプの人間が多いのね~
[PR]
# by rarierurero | 2005-03-15 00:33 | プチニュース